facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 25 6月, 2016
by mt@702 - no comments
ついでに日本自動車査定協会の取組とのことだけどどうなんでしょう

愛車の買い取りや下取りの際には、初めに査定をすることでしょう。査定というのは、消費者から下取・買取時にきちんとした審査をするための下調べであり、そのためにはさまざまな人たちから納得され、プラス合意された手順でなければいけません。なのですが、消費者側からしますと、鑑定がどうやってやられているのか正確には認識していなかったり、しっかりしたやり方で作業されているのかは案外認識することが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても査定と申しますのはお車の価値を決断する大変重要なプロセスである為、考え方やその方法に様々なものがあると世間がパニックとなる理由にもなるのです。

そうしたパニックを起こさないためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、しっかりとした値踏みが拡大するように務めている協会であり、ユーザーが無事に見積に出すことができ、しかも納得できる制度作りの務めをしています。

具体的な中身としては、例えばちゃんとした査定士を育てるためにテストを行っており、査定協会が行っている学科及びスキル研修を受けてもらい、それから「査定士技能検定試験」に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録が必須となり、しっかりとした心得や義務でもって私たちのくるまの評定をしていきます。言い換えると適正な見積のための資格を保有する人間が査定を実施しますので、お客さんもリラックスして買い取りまたは下取に出すことが可能となるのです。