facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 27 5月, 2016
by mt@702 - no comments
ほら、車の買い取りとリサイクル料金について

自分のくるまのを売り払う時の手立てというと買い取りと下取りの2つが存在します。下取りのケースというのはおニューの自動車を手に入れる代わりに今迄の自分の車のを引き取ってもらうというものです。主には新車の販売会社が引き受けをすることになるので金額は割と低めに見られがちです。

他方、買取りのケースは自動車買取専門店がしているもので、ユースドカーという名目で店頭に並べることを予定に買い取りの価格を決定するため、やや高値での買取が望めます。いずれにしても所有車を売却することであり、売却する前に買取りプライスを決定するための鑑定が行われます。

審査をして貰うとして気に掛かるのが「リサイクル料」です。クルマ査定で示される値段というのは自分のクルマのそのものの価格、自分のクルマのに附随するリサイクル料や自賠責保険などを入れた金額の二種類が御座います。リサイクル料については愛車を購入した際、又は「リサイクル料」が未納だったケースでは車検の時支払われるもので、将来、自分の車のを廃車として処分する場合必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルするさいのコストとして使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体するさいにJARSから支払われるということになります。

代金はだいたい、軽で8000円位、国産車の場合で1万円ほど、外国製自動車とかで1.5万円程、それ以外で2万円くらいを入金する必要性があります。大体の中古車買取の場合、そういったリサイクル料を中古車の引き取り金額とは別として買取されるというようなことになる訳ですが、リサイクル代金を含めて買取りプライスであるという場合も有り、引受を希望という時に確認しておくということが大切なこととなります。