facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 26 6月, 2016
by mt@702 - no comments
改めて日本自動車査定協会の役割について

マイカーの下取や買取の時には、なにはともあれ査定をやります。査定イコール、消費者から買い取りや下取りの際にきっちりした鑑定をするための作業であり、それをするためには多くの人から納得され、さらに合意された手続きでなければまずいのです。とはいえ、ユーザー側からしたら、査定がどんな感じで実施されているのかはっきりとは把握していなかったり、適正なやり方でやられているかは結構分かっておくことが困難なものです。とはいえ、見積の方はユースドカーの価値を決断するとっても重要な方法なので、考えややり方にさまざまなものがあると社会が混乱する一因にもなる可能性があります。

そういったカオスを発生させない為にも「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした査定が根を下ろすように動いている団体であり、我々が安心して値踏みに提出でき、しかも満足のいく結果になるような制度作りの動きをしています。

具体的な中身としては、例を出すと健全な査定士を育むための試験を実行しており、査定協会が行っている学科や技法の研修を受け、そして「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな基本的なことや義務を以てしてお客さんのくるまの鑑定をするのです。言い換えると適正な査定を出すための資格を持つ人間が鑑定をしますので、ユーザーも安堵して買い取りまたは下取に出すことができるのです。