facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 15 5月, 2016
by mt@702 - no comments
改めて車見積りと必要書類のこと

自動車を手放したいケースにおいての方法には下取りと買取りの手順がございます。下取はおニューのマイカーを買ったと一緒に、今迄の所有車を引き取っていただけるものです。そのくるまが走ることが出来るくるまであるならば価格が付くのですが、中古の場合には反対に処分の為の費用を要求される事だってあり得ます。

下取りは専門ショップが行うという事ではないので、高値引受けは難しいですが、新しい車と交換で乗り換えが可能であるという良い面があります。一方買取の場合は、専業のくるま買取ショップにお願いして買取をして頂くものです。そのタイミングがややこしいなどのよくない点も存在しますが、買取されたマイカーは中古自動車として市場で取引されることが元々決まっておりますので、比較的高価引受けが期待できます。

買取、下取どちらのケースでも売却の時は必要となる書類を用意することが必要となるでしょう。どういうものかというと、自動車検査証や車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証というものです。ほかに印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

引受けの際は委任状や譲渡証明等も使用するかと思いますが、それらは買取ショップにて準備してくれるはずです。売却を希望するコチラとしては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印さらに印鑑証明を用意しておきましょう。見積もりの時にもこれらに関しては確認されるため、紛失しているさいにはもう一度発行してもらうことが必要となります。

万が一無くしたとしても査定そのものだけをしていただくことはできますが、その場で買い取りは出来ないので査定金額に良くない影響が出てしまいます。