facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 18 6月, 2016
by mt@702 - no comments
日本自動車査定協会という機関について調べてみた

車の買い取り・下取時には、必ず査定をさせて頂きます。査定イコール、売り手側から買い取り・下取時に正当な鑑定をするための工程であり、それには多くの人から了承され、さらに受け入れられた手順じゃないとダメなのです。とはいえ、消費者側からすれば、審査がどんな感じでやられているのかはっきりとは知らなかったり、しっかりした手続きで調査されているのかはどうしても確認することが困難なものです。しかしながら見積の方はお車のバリューを決めてしまう非常に大切な過程な訳なので、考えややり方に色々なものがあると社会の混乱の要因ともなってしまいます。

このような混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会とは、キチンとした見積が拡大するように機能している機関であり、我々が無事に見積に出せて、しかも納得のいく結果となる制度を構築する務めをしています。

具体的な活動の内容は、例えば健全な査定士を増加させるための検定を実行しており、査定協会がおこなっている学科及び技能研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした知識や責務をもって消費者のクルマの評定をします。要するにきちんとした見積もりを行う為の資格を有している人が評価をしますので、我々も不安なく買い取りまたは下取に出すことが可能となるわけです。