facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 08 8月, 2017
by mt@702 - no comments
買取りや下取りといったやり方ですとどっちがお薦めですか!?そこについてチェックしていこう

使った自動車を売却したい際における方法には下取や買取などの方法が在ります。下取りは新しい愛車を入手した場合には、これまでの愛車について引き取って頂けるものです。そのくるまが運転が差し障りない中古車であるなら買値がつきますが、あまりにも古すぎる車であった場合だと処分費用を請求されるケースもないわけではないです。

下取の場合は専門のお店がおこなうという事じゃないので、高値売却は厳しいかと思いますが、新しい車と交換で乗り換えを可能であるといったメリットがあります。もう片方の買い取りはといえば、それ専門の中古自動車買い取りの専業店に依頼して引受けをして頂くものです。やり取りが分かりづらいなどのデメリットが有るわけですが、引き受けられたおクルマは使用した車として市場に出回ることがもとから前提ですので、想像よりも高い金額での売渡が期待できるでしょう。

下取にしても買取にしても手続きの際は色々書類をまずは用意することが必要となるでしょう。どういうものかというと、自動車検査証と納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券が挙げられます。さらに実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

売却のときは委任状や譲渡証明書等も使用するかと思いますが、それらは買い取りの専業店で用意してくれます。売却を希望する側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票更に印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定の際もこれらに関しては見られるので、紛失の時にはもう一度発行する必要があるのです。

万が一紛失の場合でも値踏みだけを受けることができるのですが、即日引取りはして貰えないため見積もりの値段に何か影響が出る場合もあります。