facebooktwitteryoutube
in 車下取り - 24 7月, 2016
by mt@702 - no comments
車売却と必要書類ってどうでしょう

愛車を売る時のやり方には買取りや下取りという手順があります。下取は新しい自分の車を入手したと一緒に、古い所有車を買い取っていただけるものです。コチラは走行が出来る状況であったら値段が付きますが、とてつもなく古すぎる車であった時には逆に処分の為の費用を下さいと言われるケースだってあるでしょう。

下取に関しては、専門ショップがおこなうという訳じゃないですから、希望するような値段での放出は難しいですが、新しいクルマと交換をする形で乗り換えが可能であるといった長所があります。逆に買い取りの場合は、専門のクルマ買い取りの専門店に頼んで引受けをして頂くものです。その時期が分かりづらいなどの良くない点もありますが、買取をされた自分のクルマはユースドカーとなって市場で取引されることがもとから決まっていますから、想像していたより高い値段での売渡が望めると思います。

下取にしても買取にしても手続きの際は様々な書類をまずは準備しておくことが必要です。どんなものが必要かといえば、車検証と車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券というものです。他にも実印と印鑑証明、住民票なども必要です。

買取りの時は委任状や譲渡証明書等も必要となるのですが、それらについてはお店の方が準備してくれるでしょう。譲渡を望んでいるこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明が用意すべきものになります。見積もり時もそれらがチェックが入るので、失くしたときには再度発行することが求められます。

たとえ無くした場合でも審査だけはしていただくことは出来ますが、その場ですぐの手続きはできないので鑑定額に何か影響が出る場合もあります。